ネイル通信講座のススメ ネイル通信講座のススメ
HOME » ネイリストになるには » 4.プロに必要なスキルを磨く~選ばれるネイリストになるには~

4.プロに必要なスキルを磨く~選ばれるネイリストになるには~

プロのネイリストとして働くために、どのようなスキルを学べばよいしょうか?

例えば自分がお客になるとしたら、「セルフネイルでやったほうが仕上がりが綺麗かも…」なんてネイリストに当たったらがっかりしちゃいますよね?せっかくなら、ただ単にこちらの注文通りではなくて、その上を行くセンスやハイクオリティなネイルをほどこしてもらえたら嬉しいはず♪

今回は、そんな選ばれるネイリストになるためのスキルをまとめてみました。

プロとして必要な技術

プロのネイリストとして働くためには基礎をおろそかにしてはダメ!

どんな業界でも一流の仕事をする人は基本の練習を怠らないものです。それにきちんとお客さんの要望に応えられないとネイリストとしては失格ですよね?プロとして押さえておきたい基本スキルからおさらいしていきましょう。

1. ネイルケア

甘皮の処理をしたり、爪の形を綺麗に整えたり、カラーリングをほどこすネイルケアは、ネイリストにとって欠かすことができない最も基本となるスキルです。

「ファイリング」はエメリーボードと呼ばれる爪やすりで爪の長さを調節したり整えたりする作業。甘皮を除去することは「クリーンナップ」と呼ばれます。

2. イクステンション

イクステンションは爪を造形したり装飾していくスキル。「スカルプチュアネイル」はアクリルパウダーとアクリルリキッドを用いたイクステンションのこと。

「ジェルネイル」はその名の通りジェル状になっているイクステンションで、こちらも、もとはアクリルからできています。UVランプを使用する場合とそうでない場合があり、セルフネイルの難しい技術がいる作業です。

ほかにもネイルチップをアクリルやジェルで爪を覆って補強する「チップ&オーバーレイ」や、ネイルチップをラップ剤で補強する「チップ&ラップ」といったイクステンションもあります。

3. リペア

爪は日々成長し続けているため、ネイルをしてしばらくするとはがれやすくなります。そうしたはがれを防ぐために、爪を接着剤で補強したり、はがれた部分があればシルクやグラスファイバーなどのラップ剤などで修復します。

接着剤で爪の修復と補強を行うことは「グルーオン」と呼ばれ、爪の伸びてきたネイルをイクステンションで修復することを「フィルイン」と呼びます。さらにネイルの表面だけを覆って補強することを「フローター」と言います。

4. アート

ネイルアートとは、単にマニキュアを塗り重ねるだけでなく、爪にさまざまなイラストを描き、デザインするスキルのこと。

エアブラシなどを使って爪に平面的なアートを描く「フラットアート」や、アクリルマテリアルなどを用いて爪を立体的にデザインする「3Dアート」などがあります。

また、「エンボス」のように爪に厚みのあるネイルアートをほどこしたり、アートをほどこすとともに爪の造形も作る「イクステンションアート」といったスキルもあります。

こうした基本的な技術を磨くには、JNECのネイル検定1級やINAのネイルスペシャリスト上級など、より高度な資格を目指しましょう!
働いている人には通信講座がおすすめ。自分のペースでネイルが学べて資格も取りやすくなっています。

プロとして選ばれる技術

ここでは、実際にネイリストとして活躍している先輩方から、選ばれるネイリストの条件について聞いてみたものをまとめてみました。

1、施術はスピード勝負

1日に何件も予約が入るネイルサロンでは、施術は技術力だけでなく、スピードも大切。
次のお客様を待たせるわけにはいかない!と、働き始めは時間を厳守するのに精いっぱいの人が多いようです。

もちろん、希望メニューによって、ある程度余裕を持ってスケジュールは組むらしいのですが、「そうはいかないのが現実(笑)」とのことです。実際施術を始めてからコースの変更があったり、短時間で複雑なアートを頼まれたり…私も無理なお願いをしてしまったことがあったので、心が痛いです。

でもさすがはプロですね!何食わぬ顔で、時間内にキレイに仕上げてくれました♪始めからスピードを身につけるのは難しいですが、常に時間を意識するクセを付けておくと良いそうですよ。

2、センスや知識が問われるアート技術

憧れのアートでは技術の他に、センスや知識が問われるそうです。雑誌などを見て決まったアートを希望する人もいるけれど、“ 春っぽい感じ ” など抽象的なオーダーも多いです。

そんな時、デザインパターンを多く知ってればいろんな提案ができるし、流行のアートも常にチェックは欠かせないんだそう。努力あるのみですね~。
「お任せ」オーダーも多いらしいので、センスを磨いておく必要もありそうです。

3、お客様とのコミュニケーション

その他には、ネイルは施術時間が長いので、お客様をリラックスさせるコミュニケーション力も大切だそうです。デザインの希望を聞きだすのにも会話力は必要ですものね。

本当にいろんなスキルが必要なんですね。早く経験を積んで一人前のネイリストになるためにも、最低限の学習は今のうちにしておきたいですね。