ネイル通信講座のススメ

キレイを極めるネイル通信講座のススメネイル通信講座のパーフェクト検定対策

ネイル通信講座口コミランキング結果はこちら

HOME » ネイリストになるには » 1.基本の技術を学ぶ~ネイルの学習法~

1.基本の技術を学ぶ~ネイルの学習法~

ネイルの学習法について、さまざまなスタイルのメリット・デメリットをまとめてみました。ネイルを学ぶために費やせる時間や予算、ライフスタイル、プロを目指すのかどうかなど、自分に合った学習方法を選んでみてください!

【ネイルの技術を学ぶ手段比較】

1. スクール・専門学校

始めやすさ★★★入学はいつでもOK
続けやすさ★★★★仲間と一緒に切磋琢磨して学べます
金額どの学習法よりも費用がかかり、入学金や授業料を合わせると高額に
学習期間★★数か月から1年以上長くかかるコースもあります
コースの種類★★★★★ネイルケアやネイルアートの専門的な分野が学べます
教材の充実具合★★★★★非常に豊富な教材を使うことができます
サポート体制★★★★★就職サポートや資格取得へのサポートが受けられます

2. 通信講座

始めやすさ★★★★申し込んでテキストが届けばすぐに始められます
続けやすさ★★★カリキュラムに沿ってマイペースで学習できます
金額★★★スクールほど高額ではないものの、費用がかかります
学習期間★★★短期間で学習を終えられますが、中には長くかかる人も
コースの種類★★★★ネイルスクールほどではないですが、豊富なコースが用意されています
教材の充実具合★★★★★ネイルスクールと同じテキストが使われることも
サポート体制★★★メールや電話による指導が受けられます

3. 独学

始めやすさ★★★★★テキストを購入してすぐに始めることができます
続けやすさ★★モチベーションを維持できるかどうかは本人しだい
金額★★★★必要なのはテキスト代やネイル道具の費用だけ
学習期間★★★★★学習期間は特に決まっておらず、空いた時間に自由に行えます
コースの種類★★自由に学べますが専門的なネイルの学習は難しい面も
教材の充実具合ネイル道具を自分で調べてそろえなくてはなりません
サポート体制独学だと頼りにできるプロの講師などがいないのがネック

4. サロンで修行

始めやすさ★★面接を受け、まずはサロンに採用されることから始まります
続けやすさ★★★仕事をしながらネイルの学習をすることになります
金額★★★★★働いて報酬を得ながらネイルについて学べます
学習期間★★★★研修期間は短期間で終了します
コースの種類なかなか自分で専門分野を選んで働くことはできません
教材の充実具合★★★プロのネイル用具を使用することができます
サポート体制資格取得については本人の自由。特にサポートは得られません

基本の技術を身につけるための学習スタイルについてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。

スクールで学ぶのも良し、サロンで働きながら習得するのも良いですが、私のオススメは断然!通信講座です。その理由はコチラです。

スクールに通う

ネイルスクールはプロネイリストの講師が直接指導してくれたり、資格取得と就活へのサポートがあったりと、至れり尽くせりのカリキュラムとフォローが大きな魅力。その一方で、それだけ充実したネイルの教育を受けるためには、決して安くはない学費を支払わなくてはなりませんし、ネイルスクールに通う時間も自分で工夫して作らなくてはなりません。

そんなネイルスクールでの学習に向いているのは、経済的にも時間的にも余裕のある人。高校を卒業してネイリストを目指す人が、専門学校的な感覚で入学するのもおすすめです。

逆に現在仕事を持っている人や育児や家事で忙しい人にとってスクールは通いづらく、あまり向かない学習法だとも言えます。

スクールに通うメリット

スクールに通うデメリット

通信講座を利用する

通信講座は受講費用が安く抑えられており、通学制のネイルスクールに通う時間や予算のない方におすすめ。しかも通信講座によっては通学制のネイルスクールと同じテキストや道具を使っているところがあったり、プロから直接学べるスクーリングを行っているところもあります。

仕事や家事育児で多忙な人でも自宅でマイペースにネイルを学ぶことができるのも魅力ですが、ひとりで学習を進めるため人によってはモチベーションを保つのが難しいことも。また、プロのネイリストを目指している人や、検定1級など上位のネイル資格を取得したい人には不向きな面もあります。

通信講座を希望するなら下記のようなメリット・デメリットを踏まえた上で申し込みましょう。

通信講座を利用するメリット

通信講座を利用するデメリット

独学で学ぶ

ネイリストを目指す人には、仕事や家事育児で自分の時間の持てない人や、経済的な理由でネイルスクールや通信講座を受けられない人もいます。そんな人達が独学でネイルを学ぼうと思ったら、いったいどうすれば資格を取得し、ネイリストとして活躍できるようになるんでしょうか?

1つはっきりとさせておきたいのは、ネイルを独学で学ぶにはそれ相応の覚悟がいるということ。どんな学習法よりも安上がりで費用がかからないのが魅力ではあるものの、ネイルスクールや通信講座の受講生の上を行く努力を積み重ねなければ簡単には資格取得したりプロへの道は切り開けないからです。

独学でネイリストになるには、ほかの人よりも少し時間がかかることとなるでしょう。

独学で学ぶメリット

独学で学ぶデメリット

サロンで修行する

ネイルサロンの求人では、資格取得者やネイルスクールの卒業生、またはサロンワークの経験者を優先して募集していることがやはり目立ちますが、中には未経験者を受け入れているところもあります。そういったサロンの多くは研修を行っているため、たとえネイル未経験者であっても働きながらネイルについて学ぶことができます。

とは言え教えることを専門にしているわけではないので、ネイルの技術レベルや指導方法はそのお店のネイリストの実力しだい。最先端のネイル技術や正しい知識を指導してもらえるとは限りません。店舗によっては指導が甘かったり、その逆に厳しい場合もあります。賃金や待遇をめぐってトラブルに発展することもあるため、契約する際にはしっかりと研修についても確認しましょう。

サロンで修行するメリット

サロンで修行するデメリット