ネイル通信講座のススメ

キレイを極めるネイル通信講座のススメネイル通信講座のパーフェクト検定対策

ネイル通信講座口コミランキング結果はこちら

HOME » 気になるネイリストの給料について

気になるネイリストの給料について

資格取得後の気になるネイリストの給料について、シーン別でご紹介していきます。

ネイリストの収入はどれくらい?

夢のネイリスト、手先の可愛さ・美しさを演出するこの仕事は憧れの職でもありますよね。資格を持つネイリストだけ見ても多くの人がいて、海外のネイリストを含めるとそれ以上の人数がいます。
人気で憧れの仕事ではありますが、生活もあるため「ネイリストの給料」はやはり気になりますよね。

調べたところネイリストといっても、働くフィールドも多様で、実力や経験で高低差が出るようです。ネイルサロンや個人で開業する場合など、どういった形態で働くかによってそれぞれ得られる収入に変化が生じます。

【資格とりたてのネイリスト下積み時代】

ネイルの資格を取り実際に働くとなった時、最初はアルバイトや契約社員といった雇用形態で下積みをしていくケースが多いようです。よって、給料は時給800~1,200円程度。実務経験がほとんどないため、見合った給料になるようです。

【Scene 1.サロンで正社員として働く】

入店したての初任給は、14~15万円程度。経験も積み安定していくと月収の相場は、15~20万円程度になります。中には、基本給にプラスして指名からの人気などによる歩合制も取り入れているところもあるようです。また、店長クラスになると店舗を任されるため30~50万円程度の月給に。

【Scene 2.講師として働く】

講師として働くとなると、「ネイル検定試験1級」は取っておくに越したことはありません。生徒からの信望もネックとなって来るからです。経営するネイルサロンの実績やコンテストの入賞経験など、知名度により35~40万円と収入が変わって来るようです。JNA認定講師としての資格も取得すると、授業の開講数も少ないため更に収入をアップさせるとのこと。

【Scene 3.個人店を開く】

ネイルにかかる諸費用、家賃など以外全て自分の給料になります。収入は、10万前後~数千万近くと、自身のもつ実力や知名度によってピンキリです。サロン内の雰囲気づくりや、ホームページ作成、ビラ作り、自らの実力を伸ばすためのセミナー参加など独立となると消費をいかに抑えつつ資金繰りを回していくか工夫することも大きなポイントとなりそうです。

一般的なネイリストのケースをご紹介しました。他、サロンで働く以外にも美容系やブライダル系などでも働くという道もありそうです。
華々しい仕事ですが、ネイリストは給料面でみると働く環境によりけりという結果に。

しかし、目指す多くの人は、「ネイルが好きだからなりたい」という考えの人が多いです。自分の好きなネイルを仕事で出来るという喜びは計り知れないですよね。

ネイリスト成功への近道

厳しくもある、ネイリストの世界ですが成功のポイントとは何でしょうか…?
やはり、日々技術向上のために、開店前や開店後など時間を見つけてはネイルの練習することは必須になってきます。

<ネイリストとして腕を上げるには>

  • 流行を見据えたトレンドを取り入れる
    ネイルはいわば、「爪を着飾る」オシャレ。日々変化していくトレンド、時期などを交えていけば、顧客の心を惹き付けます。
  • 接客力を上げる
    ネイリストにとって固定客がつくのは大きいです。よって、笑顔で対応する、コミュニケーションを取ることは大事。お客様がつけば、技術力も上がるうえに、口コミから広まる評判も得られる期待もあります。
  • お客様の心を掴む
    それぞれ個々のお客様の好みを把握することはもちろんのこと。他に、いずれ自分の店舗を持つとなった時に、技術面だけでなく店内の雰囲気などサービス性も考えなければなりませんよね。
  • ネイルコンテストに入賞する
    様々なネイリストの感性も得られ、知名度を高めることが可能。特に海外のコンテストだとフィールドの規模が広いため、経験値もグッと上がります。

特に、「コンテストに入賞する」というステータスを持っているとそこからCMのオファーやタレントの専属契約などの仕事も舞い込むようです。

知名度と技術力を上げれば上げただけ、結果や収入も付いてきます。評判を掴むというのは高い壁となりますが、日々ネイルに役立つようアンテナを張り巡らせることが大きなポイントですね。