ネイル通信講座のススメ

キレイを極めるネイル通信講座のススメネイル通信講座のパーフェクト検定対策

ネイル通信講座口コミランキング結果はこちら

HOME » ネイルの資格について

ネイルの資格について

ネイリストとして働きたい、独立開業したいという方から、自分でネイルをやってみたいという人まで、幅広い用途に合った資格をご紹介します。

日本でネイル資格を与える3つの協会【JNA・JNEC・INA】

ネイリストになりたい!ネイルの勉強がしたい!そんな風に思ってネットで検索すると、何やら似たような名前がたくさん出てきて困惑してしまいます。実はネイルの資格は民間資格なので、「これを取らなければネイリストにはなれません」ということはないのです。

実のところ、ネイルサロンで働いている人の中にも、資格を持っていない人は多くいます。民間資格ですので、名乗ってしまえばだれでもネイリストになれるんです。しかし、お客さんの立場からすれば、「本当に技術はあるの?」と心配にいなってしまいますよね。

だからこそ、民間といえど資格を持っておいた方が、お客さんも安心してもらえますし、就活でも有利に進むことができます。

今回は、日本でネイルの資格試験を行っている、とくに有名な3つの団体について調べてみました。

JNA・JNEC・INAの違いについて

日本で最も権威あるネイル協会は、「JNA」「JNEC」「INA<I-NAIL-A>」の3つ。

「JNA」とは、NPO法人日本ネイリスト協会の事で、ネイル業界発展のために設立された組織です。「JNEC」の前身にあたる組織で、近年、ジェルネイル普及に伴いジェルネイルの技術力の証明となる資格、ジェルネイル検定試験を開設しました。

「JNEC」とは、公益財団法人日本ネイリスト検定試験センターの事で、「JNA」からネイリスト検定試験事業を引き継ぎ、専門で運営を行うために設立された組織です。

「INA」とは、NPO法人インターナショナルネイルアソシエーションの略称です。産業としての「ネイル技術業」認知、業界発展を目的として設立され、ネイルスペシャリスト技能検定試験などを主催しています。

JNAが認定する資格とは

JNA(NPO法人日本ネイリスト協会)とは、1985年に設立されたネイル産業の発展を目的とした団体です。ネイルの普及とネイリストの技能向上のために、多くの技能研修や資格認定を行っております。

そんなJNAが主催するネイルに関する資格は以下の通りです。

  • JNAジェルネイル技能検定試験
  • JNA認定ネイルサロン衛生管理士
  • JNA認定ネイルサロン技術管理者

JNAジェルネイル技能検定試験

JNAジェルネイル技能検定試験は、2017年現在、10万人以上のネイリストが持っている、プロネイリスト必携の資格です。

ネイルサロンで提供されるサービスの、実に60%がジェルネイルだといわれています。ジェルネルはUVライトなどを使用するため、セルフネイルの際に火傷などの事故につながることが多く、プロの技術を頼る方が多いようです。

【各級の試験概要】

  • 初級…受験資格:義務教育を修了した者/受験料:9,000円 /年2回(例年6月と12月)
  • 中級…受験資格:初級合格者/受験料:12,000円/年2回(例年6月と12月)
  • 上級…受験資格:中級合格者/受験料:15,000円/年2回(例年6月と12月)

【試験日の注意点】

2級と3級には実技試験と筆記試験があり、1級は実技試験のみとなります。実技試験にはモデル(男女不問・15歳以上)を用意する必要があります。

試験本番の約4カ月ほど前に、公式ホームページで試験要綱が公開されます。その中に、採点基準や実技試験の内容などが記載されていますので、必ずチェックするようにしましょう。

JNA認定ネイルサロン衛生管理士

ネイルサロン衛生管理士とは、「ネイルサロンにおける衛生管理自主基準」を普及し、サロン従事者への啓発活動を通じて、安全で安心なネイルサービスの普及と公衆衛生の向上を目的として策定された資格です。

2017年9月末日で「ネイルサロン衛生管理士」資格取得者数は、64,587名となりました。

【試験概要】

  • JNA認定校などで実施される講習会を受講し、確記テスト(筆記)に合格すれば資格を取得することができます。
  • 受験資格:18歳以上受験料:一般価格10,000円/JNA会員価格:6,000円

【試験日の注意点】

開催日時は、JNAの認定校の場所や地域によってバラバラです。事前にホームページなどでチェックしましょう

講習を受けてから確認テストを行います。講習は3時間、確認テストは20分です。

JNA認定ネイルサロン技術管理者

ネイルサロン技術管理者とは、サロンの規準「JNA認定ネイルサロン」制度において、技術管理を行う人材を育成し、サロンの技術水準の維持・向上を図ることを目的として実施する講習会です。

この講習会を受講し、技術管理に関する知識を習得することによって「JNA認定ネイルサロン技術管理者」資格が取得できます。

【講習概要】

  • JNA認定校などで実施される講習会を受講すれば資格を取得することができます。
  • 受験資格:20歳以上/ネイル技術に関する実務経験を3年以上/ネイリスト技能検定試験・2級を取得/JNAジェルネイル技能検定試験・初級を取得/JNAネイルサロン衛生管理士を取得のいずれかを満たす者
  • 受講料:JNA会員:10,000円(税込)/JNA認定講師:5,000円(税込)/JNA認定ネイルサロンスタッフ:5,000円(税込)/非会員:15,000円(税込)

【講習日の注意点】

講習の内容は、ネイルサロンにおけるスタッフの技術管理についての考え方と技術管理の実務、および材料学についてです。実技等は行わない座学になります。

開催日時は、JNAの認定校の場所や地域によってバラバラです。事前にホームページなどでチェックしましょう

JNECが認定する資格とは

JNEC(公益財団法人日本ネイリスト検定試験センター)とは、JNAが行っていたネイリスト技能検定試験事業の譲渡を受け、2008年に新設された組織です。ネイリスト技能検定試験の運営と資格認証を専門に行う機関として、2012年に内閣総理大臣より公益財団法人として認定され現在に至ります。

公益財団法人として認定されたJNECが認証するネイリスト技能検定試験は、ネイルの資格の中でも特に信頼性の高い資格となっています。

ネイリスト技能検定試験の概要

ネイリスト技能検定試験は、実施16年目で累計約500,000人の受験者をほこり、技術と安全性に優れたネイルリストを輩出しています。

1級から3級の3段階に分かれており、トップレベルのネイリストから、ネイル初心者が学ぶべき基本的な技術まで、幅広くカバーしています。

2012年から内閣総理大臣が認める公益財団法人として再スタートし、それに伴い合格証書も発行されるようになりました。また、1級取得者には認定バッジを付与されます。

ネイリストをめざす方にとって、これからますます必要とされる資格になりそうです。

【各級の試験概要】

  • 1級…受験資格:2級取得者/受験料:10,000円/年2回(例年4月と11月)
  • 2級…受験資格:3級取得者/受験料:8,000円/年2回(例年4月と11月)
  • 3級…受験資格:義務教育を修了した者/受験料:6,000円/年4回(例年1月、4月、7月、11月)

【試験日の注意点】

各級とも実技試験と筆記試験があり、実技試験にはモデル(男性でも可)を用意する必要があります。

毎年の受験者は約50,000人にまでのぼり、北海道から沖縄までの全国各地に試験会場が設けられ、特に首都圏の会場はかなり込み合います。

合格基準や採点方法、採点項目などのポイントをまとめたものが、公式ホームページで公表されています。試験前に必ず確認しましょう。合否の通知は受験から約1カ月後です。

INA<I-NAIL-A>が認定する資格とは

INA(NPO法人インターナショナルネイルアソシエーション<I-NAIL-A>)とは、1999年に設立された、産業としての「ネイル技術業」認知・発展を目的とした団体です。

一般的なネイルスキルだけでなく、高齢者福祉サービス、下肢障害者の技術支援などの活動も行っています。

そんなINAが主催するネイルに関する資格は以下の通りです。

  • ネイルスペシャリスト技能検定試験
  • ジェルネイル技能検定試験
  • 巡活マッサージH&Fテクニシャン
  • 巡活マッサージH&Fテクニカルディレクター
  • ネイル衛生管理者

ネイルスペシャリスト技能検定試験

ネイリストとしての正しい知識・技術を持った人が取得できる、ネイルの現場で役に立つ技能検定試験です。

初心者や学生を対象とした試験と、プロのネイリストを対象にした試験に分かれており、それぞれA級/SA級と、PA級/AA級/AAA級のように資格が階級付けされ、段階的にトップレベルを目指せる仕組みになっています。

学生を対象としたA級の試験内容は、全国の理美容学校のカリキュラムとしても採用されている、信頼感のある資格です。

【各級の試験概要】

  • A級…受験資格:義務教育修了者/受験料:10,000円/年3回(例年1月、5月、9月)
  • SA級…受験資格:義務教育修了者/受験料:10,000円/年3回(例年1月、5月、9月)
  • PA/AA/AAA級…受験資格:義務教育修了者/受験料:15,000円/年3回(例年1月、5月、9月)

【受験上の注意点】

各級ともに筆記試験と実技試験を行います。

片方の試験に合格だった場合、以下のような免除制度があります。

  • A級:合格科目は期間、回数の制限なく免除されます。
  • SA級:合格科目は期間、回数の制限なく免除されます。
  • PA/AA/AAA級:合格科目は期間、回数の制限なく免除されます。なお、PA級、AA級の認定者は学科試験が合格していますので、実技試験のみの受験となります。

引用:NPO法人インターナショナルネイルアソシエーション公式ホームページ(http://www.i-nail-a.org/test/specialist.html)より

ジェルネイル技能検定試験

ネイリストとして、ネイルの現場で活躍するための、ジェルネイルに対する正しい知識・技術を持った人が取得できる技能検定試験です。

3級/2級/1級の3つに分かれており、3級からステップアップ方式で行われます。

【各級の試験概要】

  • 1級…受験資格:2級取得者/受験料:10,000円/年4回(例年2月、6月、8月、11月)
  • 2級…受験資格:3級取得者/受験料:10,000円/年4回(例年2月、6月、8月、11月)
  • 3級…受験資格:義務教育を修了した者/受験料:10,000円/年4回(例年2月、6月、8月、11月)

【受験上の注意点】

3級は実技試験と筆記試験があり、2級/1級は実技試験のみとなります。

3級で学科試験・実技試験どちらか一方が合格だった場合、合格科目の試験は免除されます。合格科目は回数・期限の制限なく有効となります。

巡活マッサージH&Fテクニシャン

巡活マッサージ(H&F)とは、静脈とリンパへのマッサージによって、血流の改善・むくみの解消・美肌効果などのための施術方法つです。ネイルサロンを訪れるお客様に、ネイルの他にサービスを提供できる「プラスワンメニュー」として、INAとNPO法人皮膚の健康研究機構が認定した施術資格になります。

INAや、後述の巡活マッサージH&Fテクニカルディレクターが行うセミナーを受講し、認定されて取得できる資格です。

【講座概要】

  • 受験資格:義務教育を修了した者/受講料: 18,000円/講習時間:7時間30分(休憩あり)
  • 開催日時や場所については、不定期で行われますので、公式ホームページをご確認ください

【取得上の注意点】

講習の後に、筆記と実技のテストを行います。テストで不合格となった場合、補習を受けた後に認定とされます。

認定資格は更新性となっています。初めは1年目に、以降は2年ごとに更新手続きが必要になります。

巡活マッサージH&Fテクニカルディレクター

巡活マッサージH&Fテクニシャンを養成・認定する講師になるための資格です。巡活マッサージH&Fテクニシャンのセミナー開催や、認定を行うことができるようになります。

【講座概要】

  • 受験資格:下記3つの要件を満たしているもの
    INA個人正会員/巡活マッサージH&Fテクニシャン資格保持/ミナーを開催する環境をそなえている
  • 開催日時:年1回(例年7月)

【取得上の注意点】

認定資格は更新性となっており、毎年更新の手続きが必要になります。

ネイル衛生管理者

厚生労働省の「ネイルサロンにおける衛生管理に関する指針」の発布を受け、「自己防衛」をコンセプトに、ネイルに携わる方を対象として策定した資格です。

INAによって定められた、「ネイル衛生管理者講習」を受講することで、「ネイル衛生管理者(Sanitary Manager)」に認定されます。

【講座概要】

  • 受験資格:18歳以上かつネイルを含めた理美容業に携わる者(学生含む)
  • 受講料:会員価格:10,000円/一般価格:16,000円

【取得上の注意点】

一度講習を受け資格を取得すれば、更新期限等はありません。

開催日時等については、INAの公式ホームページでご確認ください。