ネイル通信講座のススメ

キレイを極めるネイル通信講座のススメネイル通信講座のパーフェクト検定対策

ネイル通信講座口コミランキング結果はこちら

HOME » ネイル検定について » ネイリスト技能検定試験 3級

ネイリスト技能検定試験 3級

公益財団法人日本ネイリスト検定試験センターが行うネイリスト技能検定試験3級について紹介していきます。

ネイリストを目指す人の登竜門

これからネイリストを目指す人が最初に受ける検定試験が、このネイリスト技能検定試験3級です。最も基本的な検定で、ネイルケアやネイルアートについての技術や知識の基礎について出題されます。これを合格することで2級、1級への道が開かれます。

【試験内容】

実技試験及び筆記試験

※ただし、筆記試験のみ合格して実技試験で不合格だった場合、次回の同じ級の受験では筆記試験は免除されます。

実技試験で採点される項目

  • テーブルセッティング、消毒管理、モデルの爪の状態
  • ポリッシュオフ
  • ファイル・エメリーボードの扱い方
  • ラウンド 仕上がり
  • クリーンナップ工程・クリーンナップ仕上がり
  • カラー表面 色むら
  • カラー、ラインどり
  • ネイルアート
  • 全体の仕上がりとマナー

【受験資格】

義務教育を修了した者

【受験料】

6,000円(2015年より6,600円)

【スケジュール及び試験会場】

春季、夏季、秋季、冬季の年4回

札幌、盛岡、仙台、東京、名古屋、新潟、金沢、大阪、広島、高松、福岡、沖縄

※3級登録試験会場とオフィシャル試験会場があります。会場については申し込みの際問い合わせてみた方がいいでしょう。定員数などによってどちらで受けるかが決定されます。

ネイリスト技能検定試験3級の合格状況

ネイリスト技能検定試験受験者は、年々急増しています。1997年では1,000人にも満たなかった受験者が、2013年には65,000人を超える人数となっています。

近年ネイルアートへの需要が増え、ネイリストを目指す若者が増えていることがその理由と考えられます。こういった現状の中で、国際的に通用するプロのネイリストを育てるために作られたのが、このネイリスト技能検定試験です。最高位の1級に合格するには、かなり熟練した技術と知識が必要となります。

試験について2013年の累計をみると、3級の受験者は27万人弱、合格率は85.89%と非常に高い水準です。2014年春季の合否をみると、3級受験者数は5300人、合格率は72.3%となっています。

サイトから合否判定ができるよう設定されています。また、合格すると、合格証書が発行されます。

ネイリスト技能検定試験資格は、2012年に内閣総理大臣から公益財団法人認定を受けたことにより、ワンランク上の資格となりました。